社員紹介

浦和工場 製造部 岡部尚人

私たちの仕事は市場にでている物の原料や材料の合成作業を主におこなっています。
職場の雰囲気は一言で「明るい」職場です。上司はとても気さくでどんな話でもしっかり聞いてアドバイスを貰えるので心強いです。また、一人一人が向上や安全に対して考え、変化を求め提案する。仕事に対しての意識が高い職場だと思います。
会社のこの雰囲気を忘れず、気さくで明るい頼れる上司に成長していきたいと思います。

品質保証部 佐藤晶美

分析技術者として品質管理や新製品の分析手法の確立に携わり、染料から特殊化学品、あっと驚くようなものまで様々な製品を分析しています。定期的に社内でミーティングが行われ、各自の仕事の進捗状況や他部署との連携の確認、問題意識の共有などを行っています。現在、仕事と育児の両方を頑張っています。育児経験者も多数いるため理解があり、ワーキングマザーにも働きやすい環境だと思います。産休育休の実績もあり、復職しやすいのも魅力です。今後も多くの経験を重ね、高い分析技術を身に着けられるように心がけていきたいと思います。

色素Q&A

皆さまから寄せられるよくあるご質問についてご紹介いたします。

染料と顔料の違いに関し教えてください。
主に、水、溶剤に溶ける着色剤を染料、溶けないものを顔料といいます。例えば、染料は繊維を染めたり、紙の印刷に用いられたり、一方、顔料はペンキ塗料や口紅等化粧品などで使われています。染料は、複数の色を混ぜ合わせることで新たな色を作ることができますが、染料によっては、光、熱に対して色褪せする場合があります。顔料は染料に比べて耐光性や耐水性に優れています。
液晶ディスプレー用色素に関して教えてください。
液晶テレビのカラー表示は、カラーフィルターというものを使って、通過する光の波長をコントロールしています。カラーフィルターには色素が含まれており、裏から光(バックライト)が当てられることで赤(R)、緑(G)、青(B)のドットを液晶の画面に出すのです。色のついたセロハンを通して光を見るのと同じです。